全力で走り抜けた3カ月。BANZAI JAPAN連続ワンマン『唯一無二』公演、笑顔で終了!

アイドルユニットBANZAI JAPANバンザイジャパン
47都道府県天下統一アイドルユニットとして「日本を元気に世界へ発信!」を合言葉に日本が、どや顔で誇れる文化を世界に向けて発信していくプロジェクト。
http://cospanic.com/banzai-japan/

 

3カ月連続で開催された、BANZAI JAPANワンマンライブ『唯一無二』公演も、本日が最終日。平日夜にもかかわらず、この日も多くの大名・側室(BANZAI JAPANのファンの総称)が新宿ReNYに集まった。

18:45、照明が暗くなり会場内から歓声が上がる。オープニング映像が流れ始めると、映像に合わせて各メンバーへの歓声が。メンバーが登場する前から、会場内はすごい熱気だ。

幕が開くと同時に、この日いちばんの歓声がメンバーに送られる。「盛り上がって行きましょう~!」の掛け声とともに、1曲目「今夜もとってもダンスでざんす!」がスタート。会場内に、メンバーと大名・側室(BANZAI JAPANのファンの総称)が持つセンスが舞う。1曲目とは思えない盛り上がりに驚いた。

ここから3曲、「金魚の歌」「大江戸パレード」「Coordinate to Future」とアップテンポの楽曲が続く。幕が開いた瞬間は緊張気味だったメンバーの表情も、曲が進むにつれて徐々に和らぐ様子が印象的だった。

3カ月連続ワンマンを開催するということに対し、メンバーたちは、想像以上のプレッシャーや不安を感じていたはずだ。

これが”唯一無二”の絶対公演!BANZAI JAPAN3カ月連続ワンマン、満員御礼でスタート!

https://chiap.info/picture/live/muni_bj_live

今年恒例の、四字熟語を使った自己紹介タイム

「新宿ReNYにお集まりに皆さま、こんばいざい!」の元気な挨拶とともに、MCタイムに突入。BANZAI JAPANのワンマンライブではおなじみの、四字熟語を使った自己紹介タイムが始まった。

春川愛美…「絶対進級(ぜったいしんきゅう)」
島田玲奈……「拈華微笑(ねんげみしょう)」
藤谷つかさ……「一新紀元(いっしんきげん)」
菜花まりあ……「勇往邁進(ゆうおうまいしん)」
中野向日葵……「超絶怒涛(ちょうぜつどとう)」
朝日珠莉愛……「存在証明(そんざいしょうめい)」
佐藤樹里……「一生懸命(いっしょうけんめい)」
皆戸理芳……「二河白道(にがびゃくどう)」
笹川ささ……「三千世界(さんぜんせかい)」
安原めい……「百花繚乱(ひゃっかりょうらん)」
仲山コマ……「天元突破(てんげんとっぱ)」
里中空……「万里一空(ばんりいっくう)」
朝日奈ゆうみ……「千姿万態(せんしばんぱい)」
藤崎ふみ……「撼天動地(かんてんどうち)」
藤崎しおり……「誠心誠意(せいしんせいい)」
志田りん……「勇気凛々(ゆうきりんりん)」
花城沙耶……「全身全霊(ぜんしんぜんれい)」

この日が最後のライブになる中野向日葵さん。「今日が私にとって最後のワンマンライブになりますので、よろしくお願いします」とあいさつすると、大きな声援が送られていました。

果たして、唯一無二のアイドルに選ばれたメンバーは?

全員の自己紹介が終わると同時に、アイドルを司る神「天つ神」が新宿 ReNYに降臨。「どうやら、唯一無二のLIVEをするというウワサを聞きつけてやってきたのじゃが…それはこの会場で合っているのかな…?」とメンバーに語り掛け始める。話を聞くと、どうやらBANZAI JAPANのメンバーの中から唯一無二のアイドルを選出するとのこと。

果たして、17人の中から「唯一無二」のアイドルに選ばれるメンバーは…?

唯一無二をアイドルを選出するために、会場を巻き込んで次々とメンバーへ課題を与えるアイドルを司る神「天つ神」。

まず最初にメンバーへ課せられたのは、会場にいる大名・側室(BANZAI JAPANのファンの総称)が多く選ぶのはどちらか?という2択クイズ。

「BANZAI JAPANの魅力をあえてあげるなら?」「BANZAI JAPANに今後求めることは?」「何歳までBANZAI JAPANに居てもいい?」など、きわどい質問が大名・側室(BANZAI JAPANのファンの総称)に投げかけられ、メンバーはファンの素直な心理を知ることになる。

最終問題では、少なからず「A:25歳以下」を選ぶ大名・側室(BANZAI JAPANのファンの総称)が存在し、その事実にステージで泣き出すメンバーも。

2択クイズで3問中2問以上間違ったメンバーには、「制裁」としてお面が強制的にかぶせられる。そのまま、ステージ上から退場が告げられる。

ステージ上に残れたことに喜ぶメンバーだったが、次に課せられたのは「即席で2グループに分かれ、楽曲を披露せよ」とのこと。2グループに分かれてそれぞれ楽曲を披露し、大名・側室(BANZAI JAPANのファンの総称)の声援を多く獲得したほうが、次の課題に進むことができると発表される。

即座に2チームに分かれ、それぞれ「なないろパラソル」「パラレルサマー」を披露。どのメンバーと組むことになるのか、自分がどの楽曲を歌うか、どのパートを歌うのか…この瞬間までもちろんメンバー自信にもわからず、曲が始まる前はステージ上に不安が広がる。しかしいざ楽曲が始まると、それぞれがしっかり自分の役割分担をこなし、さすがのパフォーマンスを披露。両チームとも、いつも以上に大名・側室(BANZAI JAPANのファンの総称)を煽り、それに応えるように客席も盛り上がる。

ここでの勝者は、「パラレルサマー」を披露したメンバー5人。

残った5人に次に課せられたのは、「街中で困ったファンに遭遇した場合に、どんな対応をするか?」というもの。神対応だった1位・2位を選出することに。ここで最終戦に勝ち進んだのは、圧倒的に大名・側室(BANZAI JAPANのファンの総称)の支持を集めた朝日珠莉愛さんと、この日が卒業前ワンマン最後という中野向日葵さん。

この2人をメインに、「新月咲く夜の隠れんぼ」が披露され、いよいよ唯一無二のアイドルが選ばれる。

この日唯一無二のアイドルに選ばれたのは、朝日珠莉愛さん。お面をかぶったメンバーが全力でパフォーマンスをするという少しだけ異様な空間の中、堂々と「せんすがないっ!!!!」のメインを務めた。

BANZAI JAPANの圧倒的なパフォーマンスを目の当たりにしたアイドルを司る神「天つ神」は、「お前たちは唯一無二の存在じゃあ~!」というセリフを残して天に帰っていった…。

新曲「唯一無二」から終盤戦へ!

次に歌われたのは新曲、「唯一無二」。会場内は彼女たちの歌声で包まれていく。本編ラストは、代表曲「バンザイじゃぱん!」では、この日いちばんの笑顔がメンバーからあふれてくる。

「ありがとうございました!」と幕が下りた後、大名・側室(BANZAI JAPANのファンの総称)の「まだまだBANZAI JAPANの歌が聞きたいか~!?」「うぉぉぉぉ!!」「アンコール!アンコール!」という歓声が会場内に響き渡り、その声援にこたえるようにアンコールがスタート。

「アンコールありがとうございます!最後まで盛り上がって行きます!」のあいさつの後に披露されたのは、オープニングで和太鼓をたたく振付が印象的な「大和撫子の日が昇る」。大名・側室(BANZAI JAPANのファンの総称)のサイリウム(ペンライト)が会場をより一層彩りライブを盛り上げる。

この日最後に披露されたのは、「春夏秋冬スマイル」。この日がラストワンマンライブと言う中野向日葵さんとの今までの思い出がよみがえり、歌いながら目に涙を浮かべるメンバーも。最後は、「以上、BANZAI JAPANでした!」という挨拶とともにこの日は終演。

最後に放映されたエンディング映像に合わせて、大名・側室(BANZAI JAPANのファンの総称)から再び歓声と手拍子が。3カ月連続ワンマンライブは、BANZAI JAPANメンバーだけではなく、大名・側室(BANZAI JAPANのファンの総称)にとっても大きな挑戦だったことがうかがえる数分間だった。

TEXT:せらなつこ
PHOT&TEXT:やわらかゆーすけ(YYman)

 

プロフィール

【所属グループ】
BANZAI JAPAN
HP:https://twitter.com/BANZAIJAPANPJT
twitter:https://twitter.com/BANZAIJAPANPJT
47都道府県天下統一アイドルユニットとして「日本を元気に世界へ発信!」を合言葉に日本が、どや顔で誇れる文化を世界に向けて発信していくプロジェクト。

 

MOVIE

BANZAI JAPAN


3ヶ月連続ワンマン公演!
BANZAI JAPAN「唯一無二公演」
10月8日(月祝) 渋谷AUBE
11月8日(木) 初台DOORS
12月18日(火) 新宿ReNY

撮影者プロフィール

Chiap! 編集部
Chiap! 編集部
アイドルを応援するPictureマガジンChiap!を編集しています。写真を通してアイドルとそのファンの皆様、企業とのハブ、プロモーション活動をしていきたいです。腕利きのカメラマンとアイドルで作品をアップしていきます。

気に入った記事がありましたら是非SNSでシェアしてください
(ち・ω・)