秋葉原TwinBoxで行われた、吉田りと最後の舞台。旋律フリージアが行う最高のパフォーマンス


アイドルユニット旋律フリージア
2017年4月30日、新宿ReNYにてデビュー。月刊オーディション共同で結成された今春大注目のアイドルユニット。爽快な超絶ロックをコンセプトとした曲と共に都内を中心にライブ会場を席巻している。
http://radius-entertainment.jp/artist/senritsufreesia/

吉田りとさんの参加する旋律フリージアを見るのは今日で最後になる。。
この日、この姿を目に焼き付けるべく、多くのファンが集まった。

「吉田りと卒業公演、最後まで盛り上がって行きましょう!」という煽りを含みながら「アオハルmerrow」が一曲目として流れる。ロックを基調とした旋律フリージアのパフォーマンスは力強く、バリエーション豊かな振り付けでステージを彩る。一人一人の華やかさがあるからこそのステージは一度見たら心に響く。


今日が最後になるとは思えない、ステージの鮮やかさは、いつも通り。でも確実に今日だけのものである事はファンもメンバーもわかっていたはず。

吉田りとが「本日はお越しいただきありがとうございました!」と挨拶。今日が終わってしまったかのような(!?)挨拶にはメンバーやファンから笑いが溢れる。続く「愛$恋の滝登り」はギターリフの印象的な曲。キレのあるパフォーマンスで会場の熱気を上げていく。

キャッチーなメロディが印象的な「ちっぽけ物語」は可愛くカッコよく魅せていくメンバー。

「ちっぽけ物語!」と呼応するファンの声がステージ上のアイドルと合わさっていく空気感は旋律フリージアだけのものだと感じる。

20分と短かったが、この日のりとさんの表情、パフォーマンスはファンの心にずっと残り続けるものだと思う。

ソロの出演は暖かく、気持ちに伝わるパフォーマンスでファンの心を掴む

衣装をソロ用のに着替え楽しそうにステージに立ったりとさん。
途中から目に涙が浮かんでいるのがハッキリと分かる。

“アイドルのきっかけになった、一番好きな曲”を歌い上げた。
これらのカバー楽曲はりとさんが皆に伝えるために選んだ二曲。
りとさんからの贈り物と言っても過言では無い、これらのパフォーマンスは多くの人の心に響いていた。

吉田りとさんからの手紙

「旋律フリージアに入って一年半、応援し続けてくれてありがとうございました。がむしゃらに頑張らないと、引っ張っていかないとって勝手に背負って一人で突っ走ってた頃が懐かしいです。

時間が経つにつれ、メンバーとの信頼関係をちゃんと築かないとグループって成り立たないんだな、って。変わらなきゃって葛藤して壁にぶち当たった時期がありました。そんな時に支えてくれたのはメンバーでした。

どんなに生意気言っても優しく包み込んでくれて旋フリの鉄骨的な役割をしてくれたリーダーの浅香七星。ムードメーカーで何も考えてないようでメンバーのことを考えてくれる天性のアイドルらしさを持つ、堀井玲音。面白くて言葉のチョイスがツボで一番の努力家な月野まこ。

普段は落ち着いた雰囲気の癒し効果ちゃん。でもスイッチ入ると早口すぎて誰も聞き取れない沖あすか。(沖あすかさんは)私にとってターニングポイントの子。加入してくれてありがとう。途中加入、怪我と大変な一年だけど諦めず復活してくれてありがとう。

卒業してしまったけどメイクやファッションをたくさん教えてくれた結原弓愛。いつも何かしら食べてる姿に癒されました。この五人に会えて、出会えたことがわたいの宝物です。このメンバーでパフォーマンスすることが大好きでした。この先も仲良くしてください。

四人でも頑張ってね。そしてここまで応援してくださったファンの皆様ほんとうにありがとうございます。

ショールームやミクチャとかも、時間が無い中、見てくれたり、お仕事のお休みの日に遠くから会いに来てくれたり。なんでこんなに愛してくれるのか。今でも不思議に思ってます。私は距離が近すぎることがすごく苦手で。

今こうしてお別れになったら、寂しいじゃん、苦しいじゃん、つらいじゃん。こんな気持ちになるのが怖くて、ずっと避けようとしてた。でも気付いたら皆、すごく友達みたいになってた。だから今こんな素晴らしい景色を見せてくれてるんだよね。本当にありがとうございます。皆のこと絶対に忘れません。

最後に旋律フリージアの関係者の皆さん わがままを聞いてくれた家族、特に運営さんにはわがままいったりストレスを沢山かけてしまったけど大きな心で受け止めてくださりありがとうございました。私は私は私らしく次のステージへ進んでいきます。

旋律フリージア 吉田りと」

これが最後のマカロニ

号泣するメンバー。ファンの皆が一段落して、5人最後のマカロニが流れる。
最後の最後を笑顔で終わらせようとパフォーマンスを行うメンバーの姿にファンも声援で応える。
きっと誰もが最後を認めたく無いと思いながらも、応援の気持ちでこれからの、りとさんを送りたい気持ちがファンからもメンバーからも伺う事ができた。

これからも旋律フリージア、吉田りとさんの活動は続いていく。この日がターニングポイントになった事は間違いないが、この日があったからこそ未来も輝いていく。そんな期待を胸にこれからも応援していきたい。

TEXT&PHOT:やわらかゆーすけ(YYman)

プロフィール


旋律フリージア

2017年4月30日、新宿ReNYにてデビュー。月刊オーディション共同で結成された今春大注目のアイドルユニット。爽快な超絶ロックをコンセプトとした曲と共に都内を中心にライブ会場を席巻している。

 

HP:http://radius-entertainment.jp/artist/senritsufreesia/
アメーバブログ:http://ameblo.jp/senritsufreesia/
Twitter:https://twitter.com/senritsufreesia
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC4lArq93BJ_HuBiUxvAYnvA

 

MOVIE

https://www.youtube.com/watch?v=CrEGo7R7qh4

 

撮影者プロフィール

Yusuke Yamanaka(YYman)
Yusuke Yamanaka(YYman)
広告代理店にて、ポートレート撮影を中心に活動しています。被写界深度浅め、空間の抜けのある写真が特徴らしいです。ヨーグルトヤッターマンというあだ名を戴き、色々活動中!好きなおでんはちくわです。

撮影の依頼はChiap!お問い合わせまで