Chiap!主催ライブ「チア☆ふぇす」で行われたフォトコンテストで、見事優勝した BANZAIJAPAN。今回は改めて「チア☆ふぇす」の感想から、フランスで行われたJAPAN EXPOの事、関東大会Bの会場では優勝を納め、決勝大会を控えている愛踊祭2018への意気込みをお伺いしました。

【レポート】満員御礼!Chiap!主催「チア☆ふぇす」表参道GROUNDにて開催!

撮影OK&コンテストのチア☆ふぇすは新鮮だった

「チア☆ふぇす」が開催された6月は連日ライブで集客が大変な中、見事優勝した彼女たち。総勢14組のアイドルグループが出演し、後半の自分たちの出番で盛り上がったなと実感できたそう。

皆戸理芳さん「1位になったことはTwitterでファンの方と同じタイミングで知りました。」

フォトコンで優勝を導いたツイートは笹川さささんの写真でした。次点、最期はここで。様、病ンドル様。

もっともインプレッションがあったのは藤崎ふみさんの表情を捉えたこちらのツイート!

https://twitter.com/ushikun321/status/1006197372123152386?s=21

審査員票を含めてさささんのツイートが優勝となりましたが、インプレッション共にトップを走り続けたBANZAI JAPANは今、勢いあるアイドルグループと言えます。

ちあ☆フェスを振り返って

藤崎ふみさん「私の写真も伸びてたからもしかしたら優勝できるかなーって思ったけど負けた!」

惜しくも優勝は逃したもののこちらの写真も素敵です!


ーーファンの方が撮影OKなライブは時々ありますが、今回いかがでしたか?

中野向日葵さん「撮影OKのライブはたまにあるけどコンテストは初だったから新鮮なライブでした。 BANZAIJAPANのために、ファンの方が推しなど関係なくリツイートしてくれたので嬉しかったですね。」

春川愛美さん「同じライブでも撮る人によって全然違う写真になるから、今まで見たことのないような表情が見ることができました。」

藤崎しおりさん「撮られるのは緊張するけど、コンテストもあるし、積極的に撮られようと思いました。」

安原めいさん「コンテストがなかったら、ささもあんなピースとかしないから!」

仲山コマさん「撮られる意識があるとマイクの角度や顔の見え方を考えますね。 みんなメイクやヘアもすごい力入れます。」

さすがはアイドル、パフォーマンスに全力ながらも見られることや撮られることの意識も高いことが伺えました。ファンの方も1位の写真を撮るために頑張りつつ、会場もとても盛り上がっていたのが印象的でした。

それでは今回の優勝を受けて、フランスで行われたJAPAN EXPOの様子を聞いて行こうと思います。

JAPAN EXPO フランスパリに全員で行けることにメンバーみんなが涙


TokyoCandolで優勝を飾り、見事JAPAN EXPOへの切符を手にしたBANZAI JAPAN。
現地でも大盛り上がりの成功を納めた裏側は……!?

ーーフランス行きが決まった時はどうでしたか?

BANZAIJAPANとしてはフランスに行けるけど、自分は行けないんだろうなと思っていた島田玲奈さん、普段あまり感情を出さないのに、メンバーが引くほど泣いたとというのは蘭まうさん。

「JAPAN EXPO フランスパリへの出演が決まったときは14人全員で行けると思ってなかったので、全員で行けると聞いたときに、初めての勢いで素直に泣いた。」と語ったのはリーダーの安原めいさん。嬉しいけど不安だったという。

応援に駆けつけたASHIGARUJAPANの朝日奈ゆうみさんはTokyo Candolの結果発表時、”優勝はBANZAI JAPAN!”という発表を聞く前提で待機。予想通り名前が呼ばれた瞬間には シャッターを連写したそう。

フランスに行く前、出発を控えていた佐藤樹姫さんはマネージャーさんに通貨が”1フレンチ”だと聞いて信じていたというエピソードもあった。

安原めいさん「14人でステージで立てることになって、14人でのフォーメーションや今までにない曲の繋ぎ方が生まれました。メンバーみんながお気に入りの部分ができたりしたので、フランスでのライブを日本でもやりたいです。」

BANZAIJAPANのライブはフランスでも大盛況!

初めての場所でライブをするにあたり、メンバーは路上ライブをしたりチラシ配りしたり、「今からKARASUステージでライブだから来て!」とライブへの応援を呼びかけたそう。

藤崎ふみさん「外国でライブをするのは初めてなのでどういう人が来るのか、どう受け入れられるのか まったくわかってなかったのですが、とにかくわたしたちはわたしたちのパフォーマンスを するように心がけました。“フランスの人は待つのが嫌い”だから5分前に来ると聞いていましたが、待機列を見たらたくさんの人が並んでいて、緊張と感動がありました。」

そのときの様子を思い出しながら話してくれました。

ーー海外公演となるとやはり言葉の壁があると思いますが、どうされたのですか?

志田りんさん「覚えたフランス語を使うとすごく喜んでくれました。 でも日本語でも頑張ってと言ってくださったり、BANZAIJAPANと呼んでくれて、フランス 語より日本語で通じました」

国を超えてのコミュニケーションもバッチリだったようです。

日本の良さをもっと海外に発信したい

JAPANEXPOを終え、フランスから帰ってきて様々な変化が生まれたそうです。時差を考えてSHOWROOMの配信時間に気をつけたり、 配信中も”BANZAIJAPANです”と名乗ると”知ってる”と返してくださる方も増え、内外共に変化が。


安原めいさん
「自分たちが日本という素敵な国で活動できているんだな、ということが実感できました。 もっと私たちが日本のことを知って、いろんな国の人に伝導していけたらいいなと思いま す。日本もまだ47都道府県行けてないので制覇しつつ、海外にも進出していきたい」

他にどこの国に行きたいですかとの質問に、佐藤樹姫さんはハワイ、藤谷つかささんはニューヨーク、里中空さんは韓国と各々の行きたい国を挙げる答えとなった。

海外の人に日本のここを伝導したい!

東京オリンピックを控えた今、改めて日本のアイデンティティーを世界へ発信する伝道師たちに、地元への愛を語ってもらいました。

中野向日葵(東京都)
東京の交通の便がトップクラス!快適で便利なのが1番。

藤崎ふみ、藤崎しおり(山口県)
山口県はインスタ映えする県・角島のエメラルドグリーンの海やずっと並ぶ赤い鳥居がある 元乃隅稲成神社を海外の人に見てほしい!今年明治維新150周年だから時代背景にも注目。 食べ物もおいしいし、歴代総理大臣も多いのが自慢!

皆戸理芳(神奈川県)
神奈川は箱根などの温泉街!海外の方は湯船につかる文化がないから、ゆっくり温泉につかって、山も登って黒卵を食べてほしい。

安原めい(石川県)
石川県は歴史的建造物が多い!観光地が密集しているからバスで回りやすいし、 金沢駅はきれいな駅14選にも入っていて駅とは思えないくらいの建物。

志田りん(長崎県)
長崎県は異国との交流が盛んだったので、中華街やノハウステンボスのオランダの風景が元 ころ。海外から来ていても親近感を感じられるはず「世界新三大夜景都市でもあるのでセび 見てほしいです。

仲山コマ(長野県)
長野県では発酵文化の漬物やみそを食べてほしい!美味しいし、5年連続長寿の県なのでみ んなで健康になってほしいです!

春川 愛美(埼玉県)
埼玉は東京と近いけどトトロの森があるし、川がきれいなので暑い夏に涼んでほしいです!

菜花まりあ(千葉県)
千葉県はディズニーランドとか有名なところではなくて、海に囲まれてるので海の幸もある し山の幸もある。都心にちょっと疲れちゃう人におすすめです!心の休養になる場所。

今年こそ愛踊祭優勝!

国民的アニソンカバーイベント、愛踊祭2018。その関東大会Bの予選大会で優勝を飾ったBANZAI JAPAN。決勝大会へ向けて、どう向き合っているのでしょうか。

ーー愛踊祭2018に向けての想いを聞かせてください。

原めいさん「初めて参加するメンバーもいますが、BANZAIとしては4年目になります。毎年1歩1歩成長 していて今年は審査員特別賞をいただくことができました。戦ってきたアイドルさんが立ち たかった場所だと思うので、その結果に恥じないように、しっかりとBANZAIJAPANのパ フォーマンスをして日本1になれたらいいなと思います!」

当日の課題曲は「ひよっこりひょうたん島」!
コミカルな曲の中で、いかにBANZAIJAPANらしさを出せるかが大事となる。

皆戸 理芳さん「優勝できたらBANZAIJAPANの可能性ももっと広がっていくと思います。他のファイナリストさんも今まで頑張ってきているのでそれ以上になんで勝ちたいかという想いを持って、ファンの方にも応援してもらって、みんなで優勝できたらいいなと思います。」

安原めいさん
「BANZAIJAPANはASHIGARUJAPANの3人が昇格して17人という過去にない大人数になります。唯一無二の存在 になるという目標に向かって頑張っていきます!応援よろしくお願いいたします!」

とリーダーが締めてインタビューは終了した。

ASHIGARUJAPANが愛踊祭の敗者復活選に参加中!24日まで敗者復活WEB予選投票を実施。

藤谷つかささんが”ASHIGARUJAPANはかわいらしい振付にしてもらっているので、BANZAIとはまた違う良さがあるし、少ないからこそ生きるパフォーマンスも注目してください!”と見所を教えてくれた。

敗者復活WEB投票は8月24日まで!

https://idolmatsuri.jp/rule/

☆愛踊祭公式サイトで「Twitter」アカウントを用いてのネット投票得票数をランキング化。
順位をもとに1位から10位までポイントを付与。

☆投票は2時間ごと(0時、2時、4時、6時、8時、10時、正午、14時、16時、18時、20時、22時の偶数の時間に投票権を付与)にアイドル一組に1票投票する事ができます!

https://idolmatsuri.jp/group/detail/area/0/id/79

TEXT:伊藤美咲
PHOT:やわらかゆーすけ

 

撮影者プロフィール

Yusuke Yamanaka(YYman)
Yusuke Yamanaka(YYman)
広告代理店にて、ポートレート撮影を中心に活動しています。被写界深度浅め、空間の抜けのある写真が特徴らしいです。ヨーグルトヤッターマンというあだ名を戴き、色々活動中!好きなおでんはちくわです。

撮影の依頼はChiap!お問い合わせまで