【wqwq】グループを支えるトークの中核、松藤瑛瑠さんにインタビュー!

4人組アイドルグループ「wqwq」松藤瑛瑠(まつふじ える)さんにインタビューを行いました!優しくてファンの方への思いやりに溢れた彼女。アイドルになったきっかけや今までの活動を振り返って頂きました!

wqwqサンミュージック×AKIBAカルチャーズ劇場×Cyber Agentから生まれたオンラインオーディションを経て集まった4人は「個性」を武器に「戦う」アイドルユニット。
https://www.hvt-inc.com/cubelic/

松藤_wqwq

ーーアイドルになろうと思ったきっかけはなんでしたか?
松藤瑛瑠(以下松藤) きっかけは、兄弟が芸能活動をしていて、その時からアイドルが好きだったので地域のアイドルグループで活動をしていたんです。ですが、一度アイドルから遠ざかっていた時期がありました。その時に「自分が一番やりたいことってなんだろう」って思い返してみて「アイドルをしていた時が楽しかった」と気付きました。

歌には、歌詞に共感したり感情を共有できる場面があるんですね。みんなと同じ空間にいる時も、一人で歩いている時も共有できるっていいです。あとは、やっぱり可愛い衣装を着たり色んな姿になってファンの方と関われるのが魅力です。

ーー活動の中で、「これ楽しいな」って思う時はありますか?
松藤 ファンの方と一緒に成長していける過程が楽しいなって思います。ファンの方が「〇〇が良くなったね。えるちゃんのやっている△△の部分が好きだよ」って言ってもらえると、ちゃんと見てくれてて嬉しいなって気持ちになります。あと自分が目標にしていたラインを超えられた時や「〇〇が出来るようになったね」と褒めてもらえた時が1番楽しいと思います。

私のモットーとして「応援してくれている人にマイナス面を見せない」というのを意識して大事にしています。努力している姿を見せないようにしてますね。なので、そこに気付いてもらえた時は嬉しいです。

ーー大変なこともきっとありましたよね。
松藤 体力がなくて、歌って踊るのは2曲が限界だったことですね(笑)このままじゃいけないと思って、毎日筋トレや走り込みをするようになって安定して歌って踊れるようになりました。トレーニングをするようになって、苦手意識を感じていたソロパートも自信がもてるようになったんです。今は「もっとソロパートが欲しい」「もっと歌いたい」と思えるようになりました。

他には、高校生の頃から毎日配信を7年しています。初めの頃は、大変な面もありましたが「1日1回は10~15分でも話せる時間を作る」と自分と約束してるんです。今は、習慣になっているので配信をやらないことは考えられないですね。

松藤_wqwq

ーーwqwqは対バンなど大きなイベントもたくさん出ています。その中で、ここが他のグループと違うぞ!自分たちの強み!と思うところを教えてください。
松藤 私たちの強みは、トーク力。それがファンの方に伝わっていて、他のアイドルさんと違う魅力になっているのかなと思います。

最近、他のグループのファンの方が特典会に遊びに来てくれることが増えました。ファンの方から「初期の頃からwqwqを見ているけど、めちゃくちゃ良くなったね」「パフォーマンス力が高いよね。トークが面白い」とお褒めいただく機会も増えて嬉しいです。

ーーファンはずっと増えている印象ですが、もっとファンが増えたらしたいこと、はあったりしますかか?
松藤 前から応援してくれる方も、新しく応援してくれる方も平等にお礼を伝えたいです。どんなステージに立っても、自分たちの魅力が伝えられるように、もっとスキルアップしていきたいですね。

ファンの方に少しでも成長した姿を見てほしい

ーー次にワンマンライブについて教えてください。ワンマンライブは瑛瑠さんのMCが冴えていました。
松藤 もともとMCはやってました。以前は、プロデューサーに「区切りが下手」と指摘されることもあったんです。初めの頃はツッコミが難しくて苦手でした。ですが、定期公演でMCを1年やっていくうちに「良くなったね」って言ってもらえることが増えました。お芝居で演じるというよりは、自分の素に近い感じでファンの方にいじってもらっています。

ーーいじられてましたね(笑)
松藤 歌って踊れるのは、アイドルとして当たり前のライン。ファンの方をワクワクさせられるポイントはどこなんだろうって考えた時、トーク力が強みなんです。コントに挑戦してみたり、大喜利に挑戦してみたり、芸人さんと絡ませて頂けたことでトーク力が磨かれていったのかなと思います。

初めの頃は、お姉さんキャラだったはずなのに、いつのまにかいじられキャラになったり(笑)これまでの色々な挑戦でトーク力が磨かれて、最近のイベントで司会進行をした時に「ツッコミがうまいね」「トークうまいね」とお褒めいただけました。

最初の頃は、言葉選びや区切りが下手だったんです。MCを始めたての頃にプロデューサーから「MCは、メンバーの個性を上手く引き出してあげなければいけない」と教えていただきました。もっとメンバーのことを知らなきゃいけないと思うようになって、一緒に活動していく内に「〇〇はここでいじれる」「△△はこう振れば、こう返しがくるだろうな」と頭の中で出来るようになっていきましたね。今は、普段の会話のキャッチボールを意識してやっています。

ーーワンマンライブに向けて準備したことも沢山あると思います。
松藤 準備はSNSで告知を1日1回することを心がけていました。その時は、1回1回のライブや対バンライブでも意識してアピールをしてました。特典会でも積極的にチラシを渡しに行ったり、自分たちの宣伝を強めに行動していましたね。

ーー対バンとワンマンの違いはありましたか?
望月 やはり、1周年という節目なので「ファンの方に少しでも成長した姿を見てほしい」という気持ちでいました。1周年という節目を大事に、少しでもファンの方に良かったと思ってもらえるように、とにかく自分にできる最大限の努力で練習に励んでましたね。

ファンのおかげで私がいる

松藤_wqwq

ーー7年間毎日配信されているとお話されていましたが、配信していて大変だったことはありますか?
松藤 wqwqのオーディションを受けたときに、LINEライブの配信審査で20時間配信というのがあって大変でした。決勝は、夜中の6時間通しで配信とか(笑)15分ずつ睡眠時間を取ってたんですけど、流石にフラフラで。でも、この配信で絶対上位に入りたいという強い意思をもっていました。その時の強みが毎日配信だったので、とにかくずっと配信してましたね。

ーーそんな過酷な審査を乗り越えてグループに入られたんですね!
松藤 このオーディションを最後のチャンスだと思ってました。ファンの方にも「これを最後のチャンスにしようと思ってるんだ。自分の中で挑戦するのを一区切りにしたい。もう1回アイドルをやりたい」と素直に伝えました。ファンの方から「えるちゃんのやりたいことを応援する」と背中を押していただきましたね。夜中の配信でも、仕事があるのに一緒に夜更かしに付き合ってくれてすごい応援してくれました。合格することが出来たのはファンのみなさんのおかげです。

ーーファンの方たちの印象を教えてください。
松藤 ファンの方がいなければ私はここに入れない存在。本当にファンの方が応援してくれるからこそ、自分が今やりたいことやステージに立つことが出来ています。あまり好きとか簡単に言わないんですけど、本当にファンの方たちは大好きな存在です。「どの時期に応援し始めたとか関係なしに、みんながいてくれるから安心して自分のやりたいことが出来ています。本当に感謝しかありません。いなかったらって考えるのが怖いくらい大切な存在です。

ーーファンの方からはどんな印象で見られていますか?
望月 1番言われるのは内面とか人柄が好きと言われます。メンバーと接する場面を見て「優しい子なんだな」「えるちゃんの優しいところが好き」と内面を見てくれている方が多いですね。

ーー最後にファンの方、そして、この記事を見て初めて知ってくださった方へ向けてメッセージをお願いします!
松藤 はじめまして!えるぽぽです。ここまで読んでくださってありがとうございます。抜けている所や奇想天外な一面を持つ私を応援してくれてほんとうにありがとう。みんながいてくれることが、原動力となっています。これから、もっともっと大きなステージや色んな所にみんなと一緒に行けるよう頑張るので、これからもずっと見ていてください。

初めて見た方には、よく真面目な子なのかなと思われます。どんな子かもっと知りたい方はYouTubeを見てください!この記事を読んで、少しでもwqwqの事が気になった方はSNSをちょっと見てくれると嬉しいです。私たちは、いつでもウェルカムなので是非遊びにきてください!

えるぽぽさんの優しい人柄がファンを惹きつけている魅力なんですね。磨かれたトークやツッコミの裏に隠された努力。ファンの方との絆を原動力にして、これからもアイドルとして輝いていく彼女からますます目が離せませんね!

TEXT:Chiap!編集部
PHOT:大村樹里

INFORMATION

SNS
ここなこ @coconaco4524
hime @wq_mek
くら子 @kurako0328
えるぽぽ@EruMiruku
公式 @wqwq_official5

ライブスケジュール
https://fc.sunmusic-group.com/w9w9/schedule

関連記事一覧