斉東由奈が復帰してのこの日のライブは復活SPと銘打ち、万を期した定期公演となった。会場には復活した齊藤由奈を応援しようというファンで溢れ、一緒に最高の時間を紡いだ。フロアに立ち、ポジションについた5人。最初の楽曲は「stay」からスタート。久しぶりの5人という事を忘れるくらい、ステージングを見せてくれるメンバー。このステージを見た瞬間にファンは安心をしたに違いない。

伸びやかな杉本よしみのボーカル、瀬戸千花の楽曲に乗せてお馴染みのナンバー、NEGAIとbrightへと続く。斉東由奈の抜けていた時間を全く感じさせないパフォーマンスを決めるメンバー。そして斉東由奈。それ以上に、いつもにも増して気合も感じる。その理由はMC中に語られてた。「今まで心配をかけてごめんなさい。私が幸せな場所を作って行く」という力強い言葉をファンに贈った斉東由奈。沸き立つファンの声はこれからもも更にパワーアップするd-girlsへの期待と、斉東由奈への「おかえりなさい」が込められていた。復帰に向けて行われた練習では久しぶりの顔合わせに戸惑った、という斉東由奈。休養中でもtwitterで皆の動向はチェックしていたらしく、心はいつもd-girlsを見ていた事にファンもメンバーも嬉しかったはず。

瀬戸千花がメインボーカルを務める、まりもで熱くなって行く後半戦が明けていく。againでは「由奈さんおめでとう!」とボーカルを務める百瀬めいが祝福の言葉を贈る。歌詞の通り、どんな困難があっても前を向いて歩いて行くd-girlsのメンバーを歌った楽曲に聞こえた。

前向きな楽曲が並び、ファンも熱気を帯びて行く。ステージに(安全面は気をつけながらw)乗り出すファン、コールを返すファン、MIXを打つファン。誰もが心を合わせて定期公演を盛り上げ、フロアとステージの一体感を紡いでいった。最後のHappy Go Goでは最高温度にまでフロアは達する。曲名、歌詞の通り皆がHappy!になったイベント。
幸せな気持ちで誰もが嬉しいお土産を手にし、終演後の物販でも斉東由奈へのお祝いを伝える列は途切れず長く長く続いていた。

5人に戻り、一人一人のメンバーの大事さを皆が感じたd-girls。そしてファンの皆。
このブーストを持って8月13日のマイナビBLITZ赤坂へ進んで行く。四つ打ちのビートとリズムがアガるd-girlsの楽曲の通り、加速して行く彼女たちの活躍から目が離せない!

TEXT & PHOT:やわらかゆーすけ(YYman)

-セットリスト-
stay
NEGAI
bright

MC

まりも
again
See you again
brave heart
moment
dreamer
Happy Go Go

☆公式ホームページ
http://d-girls.info/

プロフィール

d-girls
HP:http://d-girls.info/
twitter:https://twitter.com/d_girls_fd
EDM系、TRANCE系の楽曲を中心としたダンスミュージックに、本格的な歌とパフォーマンスで魅せる、ダンスボーカルユニット。客席を含めた一体感のあるライブパフォーマンスもあれば、魅せるステージもあり、エンターテイメント性あふれるステージは必見!2018年8月13日(月)には「d-girls全国ツアーファイナル 単独公演」がマイナビBLITZ赤坂で開催決定。詳しくは公式ホームページを参照してほしい。

瀬戸千花 Twitter@seto_chika
百瀬めい Twitter@_momose33
こだま霞 Twitter@kdm_kasumi
斉東由奈 Twitter@saito_yuna
杉本よしみ Twitter @yoshimi_1106

 

MOVIE

撮影者プロフィール

Yusuke Yamanaka(YYman)
Yusuke Yamanaka(YYman)
広告代理店にて、ポートレート撮影を中心に活動しています。被写界深度浅め、空間の抜けのある写真が特徴らしいです。ヨーグルトヤッターマンというあだ名を戴き、色々活動中!好きなおでんはちくわです。

撮影の依頼はChiap!お問い合わせまで